老親扶養に対する“高い壁”


親ビザ、老親扶養に対するハードル

 現状の日本での外国の方の受け入れに対する政策は、一つは観光目的で訪れる訪日外国人を増加させる事、もう一つは日本にとって有益な外国人材を積極的に受け入れる事です。人口減少が見込まれる中、労働人口の減少は大きな問題です。税収の面から社会保障制度まで問題は非常に大きくなっています。日本人でさえ将来の老後生活には不安を覚え、ニュースなどでも年金問題や医療費負担の問題など連日のように特集しています。

 超高齢社会に突入した日本において解決すべき問題は山ほど有りますが、日本で暮らす外国の方にとっても解決したい親の老後問題は差し迫っています。日本で働いて税金を納めて真面目に暮らしているのだから、親の老後の面倒を見たいと考えるのは普通の事でしょう。でも、社会的負担が高い高齢者を増やすこと、まして他国の高齢者の方に社会保障サービスを享受させる事は、中々その道理が通らないと考える事は否めません。日本国民に対しても将来の不安を払拭出来ていない現在、この外国の方を取り巻く問題も中々簡単には解決出来ない状況に有ります

親と同居する理由、合理的な説明が必要です

 親と日本で同居する理由、同居したい理由では無く、同居せざるを得ない理由の説明が必要です。

超高齢社会に突入している日本(2017年3月現在で65歳以上の人口に占める割合は約28%)において、社会保障制度は大きな問題を抱えています。医療制度や年金制度、若い世代の人口減少で社会構造の歪みが大きくなるのは必須です。このような状況下、移民制度も無いこの日本において、社会負担の大きいご老人を、それも他国の方を喜んで受け入れる判断は正直出来ないでしょう。そうは言っても、日本で生活する外国の方の親の老後問題も無視する事は出来ません。結果、条件厳しく且つ限定的な範囲でのみ消極的な受入許可を出す現状、これは仕方の無い事だと感じます

*ある程度ガイドラインのようにクリアすべき条件が分かっていますが、審査判断は都度異なる事を理解しておきましょう


 当事務所では、特に申請前の正確な状況把握に注力します。様々な視点から分析して個々の状況に合わせた最適なサポートをご提案致します。何か審査に不利な状況が有っても、総合的に同居生活の必要性などを訴える申請書類を整え、リスクを最小限にしてお客様とゴールを目指します。皆さま状況が異なりますので、まずはお気軽に「無料相談」からご連絡下さい

埼玉県さいたま市のビザ申請、在留資格、在留申請専門の行政書士、オオノ法務事務所
入国管理局での申請手続、在留資格、ビザ関係の相談受付

 3時間以内に✉回答 】

親ビザ申請サポート  

ご家族ごとに色々な状況が有りますので、個々の対応内容は申請ごとに千差万別です。

変更)89,000円 + α

変更)63,000円 + α

変更)41,000円 + α


査証申請)36,000円